2007年08月02日

08/02(木) ドッグフードの研究47

皆さん、こんばんは。

僕は中学・高校とバスケットをやっていたんですが、

だいたいバスケを始めるきっかけというのが

スラムダンク

だいたい、80%がこの漫画がきっかけです(稲田調べ)。

それもそのはず、言葉が熱い。

そんなスラムダンクの名言が集まったサイトがあります。

【スラムダンクの名言集】


是非、朝読んでみて下さい。

テンションが上がること間違いなし。

ちなみに僕の携帯のメールアドレス、●●●1031@-----.ne.jpと続くんですが、

1031は「10月31日生まれ」だからではありません。
(10月5日生まれですよー、皆さん)

スラムダンクではこれを「天才」と読みます。

えー、どうでも良い話の冒頭でした。

さて!!!!!!!

それでは今日もドッグフードの研究をしていきましょう。

今は、ペットフード公正取引協議会が出している

「ペットフードの表示に関する公正競争規約・施工規則」についての研究をしています。

前回は「総合栄養食と記載するための基準」についてやりました。

総合栄養食と記載するには

・ペットフードの分析結果が別項アに規定する栄養基準に合致する



・別項イに規定する成長段階の給与試験の結果が評価基準に合致する

のどちらかを満たさなければなりません。

別項アは簡単にやりましたので、次は別項イについてやりたいと思います。


別項イの件名は

「給与試験プロトコル」

と書かれてあります。

プロトコルというのは「約束事」、という意味。

インターネットでも使われる用語ですよね。

つまり

給与試験を行う際はこの約束事を守って試験しましょう

という意味なんです。


この約束事、与えるワンちゃんの成長期によって3種類に区分されています。

【A】 成犬期/維持期又はメンテナンス用「総合栄養食」を証明するためのプロトコル

【B】幼犬期/成長期又はグロース用「総合栄養食」を証明するためのプロトコル

【C】 妊娠期/授乳期用「総合栄養食」を証明するためのプロトコル

難しい事が書かれているように思いますが、要は

・成犬のワンちゃんであれば、26週間そのドッグフードを与えて育ててみましょう

・成犬の定義は1歳としましょう

・1頭だけの試験では判断できないから、8頭やりましょう

という風に分けられているんです。

他の約束事も一緒です。

・幼犬のワンちゃんであれば、10週間そのドッグフードを与えて育ててみましょう

・幼犬の提議は8週以内といましょう

・1頭だけでは判断できないから8頭育てましょう

・同じお母さんから産まれて来た子では分からないから、8頭は3頭のお母さんから産まれた子から選びましょう

このような感じで、給与試験の約束事がされているんですね。

この試験によって一定の基準を満たせば、晴れてドッグフードデビューができるわけなんです。

じゃ、それってどんな基準なのさ?

って思いますよね。

えーー、長くなってしまうので、別項イについては次回へ続きまーす。


それでは!!

今日のドギーズっ子紹介

のコーナーです。

えー、ドギーズカメラマンのライティングがかなり良くなってきました。

この写真、鈴木園子(古い?)も顔負け。

すばらしい!!

dog412-4.jpg

あっ?!そうか。被写体が良いんですね!!!

ごめんなさい、ルパちゃん。

posted by イナッチ at 19:26| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。