2007年08月23日

08/23(木) ドッグフードの研究50

こんばんは。

今住んでいる家にはテレビがありません・・・。

いえ、テレビがあるんですが、屋根にアンテナが無いんです。

だからテレビが見られない。

最近見たかったのが

甲子園

ネットで結果を見ましたが、凄いじゃないですか。

8回で逆転満塁ホームラン。

いやぁ、ドラマやねぇ。。。。

もう一つ、衝撃的だったのがお笑い芸人の

小島義雄

っていう人。

お客さんを置いてけぼりにしていくあのパッションは凄い・・・。

あの勢い欲しいですよ。


そうそう今日新しいネタを仕入れました。

ヤクルトっていう飲み物は、もう皆さん知ってますよね?

人間の体内で何かよく分かりませんが、良い感じに働いて便を良くしてくれるわけです。




実は犬にもこれ一つ効果があるそうで、

食糞に効く

そうなんです。

ウンチをストレスやら何やらで食べてしまうことがあります。

これを改善するためにどうすれば良いのか?

なんて質問が結構あるようなんですが、

ズッキーニをすりおろしてフードに入れると良い

とか

誰からか聞いたのはアボガドが良い

とか

色々あったんですが、どうやらヤクルトにもその効果があるそうです。

我が家のピース君はウンチ食べないので実験のしようが無いのですが・・・・。

もし食べるようになっちゃったら、試してみたいと思います。

新情報、ありがとうございましたm(_ _)m


さてさて、今日は前回の続きをやっていきましょう。

今やっているのは

「ドッグフードに総合栄養食と記載するには試験が必要」
         ↓
「試験ではある約束事に従って、えさを給与し値を測定する」
         ↓
「測定する値は

・ヘモグロビン

・ヘマトクリット値

・血清アルカリフォスファターゼ

・血清アルブミンの値

の4つ」
         ↓
「用語がややこしいから、それぞれ何なのか見ていきましょう」


こんな所まで来まして、前回は「ヘモグロビン」「ヘマクリット値」を勉強しました。

今日は血清アルカリフォスファターゼと血清アルブミンについてやっていきましょう。


■血清アルカリフォスファターゼ

少し調べてみましたが、どれも記事がややこしい・・・。

ちょっと自分なりに解釈して、かいつまんでご説明しましょう。

この血清アルカリフォスファターゼというのは体内にある酵素なんですね。

どういう理由なのか、そこまで突っ込む事ができなかったんですが、

とにかくの血清アルカリフォスファターゼが正常値より低い値を示すと

「栄養不足」となるようです。

つまり、血液中の血清アルカリフォスファターゼが、えさを給与する試験によって低下していた場合、

その試験対象のドッグフードの栄養価は低い。

よって総合栄養食と記載するには不十分と判断されるわけですね。

なるほど。

次!!!

■血清アルブミン

血清は抜いて、まずアルブミンについて少し。

これもヘモグロビンと同じく血液中にあるたんぱく質の一種で、しかも血液中で最も濃度が濃いそうです。

つまり僕たちの血液の中に一番多く含まれているやつなんですね。

で、どんな作用をするのかというと

血液中の小さな分子(カルシウムとか)を運ぶ働き



浸透圧を維持して体液が組織へ漏れるのを防ぐ働き

の2つがあるんですね。

皆さん浸透圧って覚えてらっしゃいます?

濃度の高い溶液と、濃度の低い溶液を、小さい分子だけを通す膜で遮った場合、

濃度の低い方から濃度の高い方へ流れていくことを浸透圧って言いました。

つまり血液の濃度をアルブミンが高くしてくているから、僕たちの血液はどこへも漏れる事なくスムーズに流れてくれている

ということなんですね。

なるほどーーー。
(今日はかなり小難しい内容になっちゃいました・・・)

それでは!!

今日のドギーズっ子紹介


のコーナーです。

dog364-5.jpg

今日FARMで見てきたローグ君です。

一番印象に残っている子でした。

まだアップはされていませんが、今日も撮影の様子を見ていてほとんど完璧・・・。

「いやぁ賢い子が多すぎて、次何を撮れば良いか分かりませんよ」

なんて悲鳴がFARMのスタッフから。

posted by イナッチ at 20:03| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。