2007年04月26日

4/26(木) 

おはようございます。

昨日も帰宅して、バンビーノを見ました。

やっぱり、熱い!!

店長が言った言葉が熱いです。

「人は必要とされないことほど、辛いことはない。

でもそこから逃げないで、やり続けることが重要」

響きました。

あともう一つ。

バンビの地元九州にあるレストランの主人の一言。

「男は最初から男やない。

悔しい思い、逃げたい思い、しんどい思いをして

ちょっとずつ男になるとよ」

そうか。そうだったのか・・・・。

是非!!

さて読み続けている本ですが、両方の立場から見ないといけませんね。

今読んでいる本は、ドッグフード真っ向反対の本。

これはこれで非常に参考になって、『マジっすか?!』って思うことの連続です。

しかしドッグフードも、素敵なドッグライフを送る上で非常に重要なもの。

この辺のバランスを取りながら、本を読んでいきたいと思います。

曇りなき眼で(by アシタカ)。分かります?

さてさて、もうちょっと本を読むのに時間がかかりそう・・・。

今日のテーマは心臓系の病気についてです。

以前の記事でも書いたことがありました。

PPP.gif

心臓の病気といえば、医療が発達する現在までは


【フィラリア】


が一番の原因となっていました。


が、今多くなっているのが


僧帽弁閉鎖不全



心不全というと、そのものが病気の名前がありそうですが、違うんですね。


【不全】・・・活動や機能が正常でないこと

を意味するので、心臓の機能に異常があるという総称なわけです。

よく名前を聞く「狭心症」とか「心筋梗塞」は全て心不全に当たるんですね。

と、ここまでは、心臓全般について。

僧帽弁閉鎖不全について、少し触れましょう。

心臓の血の流れは、

全身→右心房→右心室→肺→左心室→左心房→全身へ

という順番です。


絵で見ると、左上→左下→一旦肺へ→右下→右上→全身へ

と言った感じですね。

ここのサイトが分かりやすいです。



そして、問題となっている僧帽弁は、右側の心室、心房の間にある弁です。

これは左心房と左心室の血が逆流しないように機能しているわけですが、

この機能不全が起こり、逆流をしてしまいます。

ここで疑問が解決しました。

以前の記事で、こう書きました。


僧坊弁が閉じなくなるため、左心室から左心房へ血の逆流が起こります。

すると左心房の圧力が上がります。
(ここまでは分かるんですが、ここから少し原因が分かりません・・・・。
教科書に書いてあるとおりにまずは書きます。)

肺から左心室への血管、肺静脈の圧力が上昇します。(なんで?)

圧力の増した肺静脈から、液体(恐らく血液)が肺胞への漏れる。

肺水腫を起こして咳が出る。



理由が分かりました。

ってか簡単な話ですね。

分かりやすいように書きますね。

@右下には肺から酸素の入った血が入ってくる

A右上と右下の弁が機能不全を起こして、逆流してくる

B右下の圧力が上がるから肺へと血を押し戻す

C肺に血が入って肺水腫になる

そういうことだったんですね。

血の流れを把握すれば簡単な話でした。

さて、この病気の治療なんですが、3種類の薬で行われるみたいです。


@ACE阻害薬


A利尿剤


B強心剤


の3つです。

@ACE阻害薬
血管を収縮させる物質の働きを阻害することで、血管を広げて心臓の負担を軽くしてくれるんですね。

A利尿剤
尿を出すことで血液量を減らして・・・と書いてありますが、
尿が出たら血液量って減るんですね。
コホン、血液量を減らして心臓の負担を軽くしたり、肺やお腹に水が溜まるのを防いでくれます。

B強心剤
心臓の筋肉全般を「心筋」といいます。
この心筋に作用して心臓のポンプ能力を高めてくれます。


ここで注意点。

@とAの薬はあくまで心臓の負担を減らして弱った心臓を休ませるためのもの。

飼い主さんの判断で薬をやめたり、減らしたりするとせっかく抑えられていた症状がぶり返します。

あとやっぱり出てくるのが、

「食事」

カロリーの高いもの、塩分の多いものは心臓への負担を増加させますので、気をつけましょう。


それでは!!


今日のドギーズっ子紹介です。

dog342-5.jpg

ぐっ!!

毎回毎回、写真に吹き出しを作っているのですが、

この子はそれをするのも惜しいくらい、キャワイイ。

やるな・・・・この子は。

いわゆる小悪魔やな。小悪魔。

動画はまだなので、次からお楽しみに!!

他の写真は是非、こちらから。

posted by イナッチ at 09:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40065622

この記事へのトラックバック


Excerpt: ACE阻害薬ACE阻害薬(アンギオテンシン変換酵素阻害薬、''angiotensin converting enzyme inhibitor'' 、''ACE inhibitor'')は、アンギオテン..
Weblog: 医薬品、知らないと怖い医薬品の話!
Tracked: 2007-10-01 18:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。