2007年08月20日

08/20(月) ドッグフードの研究49

こんばんは、お疲れ様です。

おっと、夜のブログの書き出しはどうしても出てきてしまいます。

「お疲れ様です」・・・・。

今日は週の始まり。

まだまだこれからですよね?!

お盆も終わって、皆さんいかがお過ごしですかーー?!

えー、今日はマジメモードに戻って、ドッグフードの研究をしていきましょう。

皆さんどんな流れか、覚えてらっしゃいます?


■今研究していること

「ペットフード公正取引規約・規則」の深堀

■前回までの流れ

・ペットフード公正取引規約・規則にはドッグフードの記載に関わる事が明記されいている

・総合栄養食とドッグフードに記載するためには一定の基準を満たす事が必要

・その基準を検査するための試験がある


簡単に言うとこのような流れで来たわけです。


■今日の内容

検査で測定される項目の深堀

を行っていきたいと思います。


ドッグフード検査の仕方は、該当するドッグフードをある約束事
(例えば『最低成犬8頭に26週間で、その様子を見ましょう』)

に従って検査→測定を行っていきます。

この測定される項目の中に

・ヘモグロビン

・ヘマトクリット値

・血清アルカリフォスファターゼ

・血清アルブミンの値

という、ややこしい文言がありました。

今日はこれらが何なのか、見てみましょう。


○ヘモグロビン

これは確か高校のとき、生物で習いましたよね。

血が赤いのはこれのせい。

これは赤血球の中にあるたんぱく質で、鉄イオンを含んでいるので赤褐色をしています。

だから血液は赤い。

で、こいつの役目は酸素を持って、体中に酸素を送る作用でした。

こいつ頭が良くて、血液中の酸素濃度が高い所では酸素と結合して、

酸素濃度が低い所では酸素の分離するシステムになっているんですって。

つまり酸素が多くある肺では酸素と結合して、酸素が少ない末端で酸素と離れる。

だから血液に酸素が循環するという仕組みになっているそうな。

人間の神秘ですね。。。。すげぇ、自分の体。


○ヘマトクリット値

これはさすがに生物では習わない・・・・。

何でも、「血液中に占める血球の容積」だそうです。

つまり血液中にどれだけ血球があるのか、を示す数値ですね。

犬について調べているので、犬の正常値を調べないといけないのですが、

取り急ぎ人間でいうと、成人男性で40%〜50%が正常値、成人女性で35%〜40%が正常値だそうです。

このヘマトクリット値が正常値より低いと、貧血。
(女性の正常値が低い設定だから、女性の方が貧血気味の人が多いのか!!)

正常値より高いと、発汗や下痢などで脱水症状。

このように判断されるようです。


あれ?ちょっと長いですかね・・・・。今日は小難しい話なので疲れちゃったでしょうか。

続きは次回に致しましょう!!

それでは!!

今日のドギーズっ子紹介

のコーナーです。

いやぁ、ノーマークでしたよ・・・・この子。

やられちゃいました・・・・

dog393-1.jpg

ええ、ゴールですよ。

君、目がおおっきいねぇーー。



posted by イナッチ at 22:24| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

06/24(日) ドッグフードの研究35

お疲れ様です。

更新が遅くなったので、この入り方で(笑)

今日は本当に最悪です・・・・。

自転車族の天敵、「雨」。

傘をさしていても、太ももが濡れる

傘をさしていて風が強いから、手首にキテる

元来、直毛なので湿気で頭がマッシュルームみたいに広がる

お気に入りの靴が履けない

最悪ですもうやだ〜(悲しい顔)


なんやかんやありますが、とにかくドッグフードの研究をしていきましょう。


さて、昨日はちょっと話題が変わりまして

「ドッグフードの保存」についてやってました。

って恐らく皆さんも購読されている

「いぬのきもち」

からの抜粋になってるんですが。。。。

引き続きお付き合い頂ければ、と。


【容器に移し替える】

これは、なるほど。という感じでした。

何もドッグフードだからといって、購入したまんまで保存しなくてはいけないわけではありませんものね。

僕もご飯が残ったらタッパーに入れて保存して、次の朝とかに食べますし。
(意外と主婦なんですキスマークあっ洗濯物干さないと。。雨か。)

教科書では

・タッパーに小分けで移し変える
(大きい入れ物だと、開け閉めの回数が多くなるから)

・袋ごとタッパーに入れる

・袋の上にまた袋に入れる

といった手法がとられていました。


【保存場所】

もうとにかく、

「冷暗所」

です。

太陽光が直接当たらず、温度が高くないところ。

これに尽きます。

ウェットフードについて、備考として記載がありますね。

基本

「ウェットフードは1日食べ切り」

で。

覚えていらっしゃいますか?ウェットフードの定義を。

水分含有量が75%以上。

つまり一回開けた瞬間、そこから急速に痛んでいくわけです。

ドライフードは水分含有量が10%未満。

劣化スピードも遅いわけですね。

でも保存には注意しましょう。


それでは!!

と、ちょっと気まぐれですが、おまけで、最近ちょっと趣味な写真を公開させてもらいます。

CIMG0946.JPG

滋賀県の琵琶湖沿いの麦畑。

滋賀県ってまだ二毛作だったとは・・・・。

CIMG0951.JPG

自転車で営業へ出ていた時に、変電所の荘厳さと田園の和やかさが良い感じ。

CIMG0955.JPG

同じく自転車で営業へ。

空の青さと、右に小さく見えるトンビ(たぶん)と、送電線の違和感が良い感じ。


えー、それでは


今日のドギーズっ子紹介

のコーナーです。

久しぶりに出ちまいました!!


ミスターーーーーーーー


いじかわいい!!


dog383-7.jpg

くっ・・・・・・・・

こいつぁ、マジでいじめたいですね。

いじめたいくらいかわいい。いじかわいい。

ちょっと待てよ?

君は神戸にいるのかい?

ってことは、この前の火曜日に神戸へ行った時、怖がって出て来てくれなかった

フレンチブルちゃんは君か?!

よぉーーーし、今度の火曜日も行くから、いじめてやるぅー!

ひゃっほーい。

えー、キャラが違いました。

動画はもう少々、お待ちを。
posted by イナッチ at 20:44| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

4/27(金) ドッグフードの表記について

こんばんは。

今日はかなり遅めの更新となってしまいました。

それでも、ブログ皆勤賞、続いてます!!

オス!!

さて、今日は

【ドッグフードの表記について】

この前の記事で、ドッグフード業界について触れました。

こちら


□前回の記事の概要

・ドッグフード市場は2052億円市場

・約60%が海外からの輸入

・9年間で140%の成長

・価格競争が激化→プレミアムフードなど質で勝負の時代へ

・ドッグフードに関わる法規制がたくさん存在する

といった内容でした。


今日はその中でも、最後に色々羅列した法律で、ドッグフードの表記に大きく関わる

●ペットフードの表示に関する公正競争規約

について、少し見ていきましょう。


まずはこちらの画像を見てください。


-4.gif


これがペットフードにの表示に関する公正競争規約に当たる部分です。

要は、ドッグフードの裏に書かれてある「ラベル」のことです。

それぞれ、詳細を見ていきましょう。


@どの種に与えるためのフードか
ドッグフードなのか、キャットフードなのか。


Aペットフードの目的
この前紹介しました。
フードには全部で3種類。
A:総合栄養食
B:間食
C:その他の目的食
です。

そのフードが、この3つのうちどれに当たるのか。

B内容の表示
どれだけ入っているのか。

C給与方法の表示
ペットフードの目的や、年齢・体重によって異なるのでその目安が書いてあります。

D賞味期限、製造年月日の表示
そのまま賞味期限・製造年月日が記載されています。

E成分の表示
たんぱく質や、脂質、糖分などが記載されています。


F原材料の表示
コチラも以前書きました。

辛いキムチを選ぶためには、裏の成分表示で「唐辛子」が最初に表記されているものを購入すれば良いんですね。

一番含有量が多い順番に表示がされますので、唐辛子が一番前に表記されている、イコール、辛いということでした。

ドッグフードも同じで、含有量が多い順番に表記されています

G原産国の表示
どこの国で作られたのか、についてです。

H発売元の表示
「製造」「輸入」「販売」のうち、どれを行っているのかを表示して
事業社名・住所が記載されています。


今までドッグフードの裏のラベルなんて見た事ありませんでしたが、
こんなにもたくさんの情報が記載されていたんですね。



【表示してはいけないキーワード】

●●病を予防するフードです。
とか
□□病に効果があります。

といった文言は書いてはいけないんですね。

なぜか?

●●病を予防とか、□□病に効果、といった表現は、

薬事法に定められた医薬品・医薬部外品等でしか使用が認められていません。

このキーワードがあるフードは不当表示をしていると言えます。

そういえば、この前の記事で書いた法律の中に「薬事法」も含まれていましたね。


自然食
とか
ナチュラルフード

も実は使用してはいけません。

でもよく見かけますね。

これには条件があります。

フードは基本的に加工品です。

それなのに、天然・ナチュラルという根拠はどこにも無いわけなんですね。

ですが、原材料について客観的な事実に基づくものであれば表現してもよいそうです。

例えばこれ。

http://wanwan.shop-pro.jp/?pid=3059788

ここのものは農林水産省の検疫を受けて合格したものを販売しているそうです。

つまり客観的な見解に基づいているので、天然100%と記載がされています。

いやー、勉強になりました。


それでは!!

今日のドギーズっ子紹介

のコーナーです。


dog311-7.jpg




そうでした。

ブログを引越しした理由は、動画を直接貼れるから。

最近の子ばかり紹介してると、せっかくの動画が見れないので・・・。

ってことで、今日ご紹介するのはフレンチブルドッグのポパイ君!!!

下のバナーからドギーズへお越し下さい!!

posted by イナッチ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

4/26(木) 

おはようございます。

昨日も帰宅して、バンビーノを見ました。

やっぱり、熱い!!

店長が言った言葉が熱いです。

「人は必要とされないことほど、辛いことはない。

でもそこから逃げないで、やり続けることが重要」

響きました。

あともう一つ。

バンビの地元九州にあるレストランの主人の一言。

「男は最初から男やない。

悔しい思い、逃げたい思い、しんどい思いをして

ちょっとずつ男になるとよ」

そうか。そうだったのか・・・・。

是非!!

さて読み続けている本ですが、両方の立場から見ないといけませんね。

今読んでいる本は、ドッグフード真っ向反対の本。

これはこれで非常に参考になって、『マジっすか?!』って思うことの連続です。

しかしドッグフードも、素敵なドッグライフを送る上で非常に重要なもの。

この辺のバランスを取りながら、本を読んでいきたいと思います。

曇りなき眼で(by アシタカ)。分かります?

さてさて、もうちょっと本を読むのに時間がかかりそう・・・。

今日のテーマは心臓系の病気についてです。

以前の記事でも書いたことがありました。

PPP.gif

心臓の病気といえば、医療が発達する現在までは


【フィラリア】


が一番の原因となっていました。


が、今多くなっているのが


僧帽弁閉鎖不全



心不全というと、そのものが病気の名前がありそうですが、違うんですね。


【不全】・・・活動や機能が正常でないこと

を意味するので、心臓の機能に異常があるという総称なわけです。

よく名前を聞く「狭心症」とか「心筋梗塞」は全て心不全に当たるんですね。

と、ここまでは、心臓全般について。

僧帽弁閉鎖不全について、少し触れましょう。

心臓の血の流れは、

全身→右心房→右心室→肺→左心室→左心房→全身へ

という順番です。


絵で見ると、左上→左下→一旦肺へ→右下→右上→全身へ

と言った感じですね。

ここのサイトが分かりやすいです。



そして、問題となっている僧帽弁は、右側の心室、心房の間にある弁です。

これは左心房と左心室の血が逆流しないように機能しているわけですが、

この機能不全が起こり、逆流をしてしまいます。

ここで疑問が解決しました。

以前の記事で、こう書きました。


僧坊弁が閉じなくなるため、左心室から左心房へ血の逆流が起こります。

すると左心房の圧力が上がります。
(ここまでは分かるんですが、ここから少し原因が分かりません・・・・。
教科書に書いてあるとおりにまずは書きます。)

肺から左心室への血管、肺静脈の圧力が上昇します。(なんで?)

圧力の増した肺静脈から、液体(恐らく血液)が肺胞への漏れる。

肺水腫を起こして咳が出る。



理由が分かりました。

ってか簡単な話ですね。

分かりやすいように書きますね。

@右下には肺から酸素の入った血が入ってくる

A右上と右下の弁が機能不全を起こして、逆流してくる

B右下の圧力が上がるから肺へと血を押し戻す

C肺に血が入って肺水腫になる

そういうことだったんですね。

血の流れを把握すれば簡単な話でした。

さて、この病気の治療なんですが、3種類の薬で行われるみたいです。


@ACE阻害薬


A利尿剤


B強心剤


の3つです。

@ACE阻害薬
血管を収縮させる物質の働きを阻害することで、血管を広げて心臓の負担を軽くしてくれるんですね。

A利尿剤
尿を出すことで血液量を減らして・・・と書いてありますが、
尿が出たら血液量って減るんですね。
コホン、血液量を減らして心臓の負担を軽くしたり、肺やお腹に水が溜まるのを防いでくれます。

B強心剤
心臓の筋肉全般を「心筋」といいます。
この心筋に作用して心臓のポンプ能力を高めてくれます。


ここで注意点。

@とAの薬はあくまで心臓の負担を減らして弱った心臓を休ませるためのもの。

飼い主さんの判断で薬をやめたり、減らしたりするとせっかく抑えられていた症状がぶり返します。

あとやっぱり出てくるのが、

「食事」

カロリーの高いもの、塩分の多いものは心臓への負担を増加させますので、気をつけましょう。


それでは!!


今日のドギーズっ子紹介です。

dog342-5.jpg

ぐっ!!

毎回毎回、写真に吹き出しを作っているのですが、

この子はそれをするのも惜しいくらい、キャワイイ。

やるな・・・・この子は。

いわゆる小悪魔やな。小悪魔。

動画はまだなので、次からお楽しみに!!

他の写真は是非、こちらから。

posted by イナッチ at 09:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

4/24 ブログ引越し

おはようございます。

ついにブログが引越しされました。

これからも心機一転。

ためになる記事をどんどん書いていきたいと思います。

まだ使い慣れず、ちょっと読み辛い構成になったりするかもしれませんが、

どんどん改善していきたいと思います。

宜しくお願いします。


さて、今日はちょっとこれまでの振り返りをしていきたいと思います。

A:目指すところはどこなのか?

これまで色々な記事を書いてきました。

一番最初に書いた記事

う○ちについて

最初の記事で下へ行ってしまいました。ごめんなさい。

それから

骨折について肥満について痴呆について犬のすみやすい環境耳の病気目の病気ワクチンについて

などなど。

犬初心者の自分が色々書いてきましたが、目指すべきところはどこなのか?

このブログの表題は「犬の健康について」で、しかも初心者ということもあって、

広範囲な話題で取り扱うのは非常に興味深いものでした。

しかしちょっとまとまりが無いなぁ、なんてことも思ってました。

今まで書いてきた記事の中で最も興味を持てたのが、

ドッグフード

この分野はとっても面白くて、興味深い内容がたくさんあります。

と同時に終わりが無い勉強みたいですが・・・・。


B:メインは食事について

今一番読んでいる本も、ドッグフードについてが多いです。

深田カメラマンにもらってきてもらった、「ドッグフードカタログ」も非常に興味深く読んでいます。

どのドッグフードが、どんな特徴でいくらくらいなのか、そんなことも触れていきたいと思います。

またどんな栄養素がどんな働きをするのか、サプリの使い方は?何かも。

メインは犬の食事から始まる健康について、触れていきたいと思います。

まだまだ持ってる情報が少ないのですが、どんどん吸収して役立つ情報を配信していきたいと思います。


C:とはいうものの・・・

とはいうものの・・・・もしかしたら食事だけではネタ切れの場合もあるかも(笑)

ということで、もしいきなり病気とかについて触れだしたら、

『あっこいつ、今日は食事についての情報を集められなかったんだな』

と心の中だけで、思っていて下さい。

決して、コメントはしないで下さい(笑)


D:皆勤賞について

4月も早いもので、もう24日。

あと少しで4月も終わり、初夏です。

始めた頃には、『宣言したものの、皆勤賞って大変だなぁ・・・』と思っていたのですが、

これが結構、気持ち良いんですね。

カレンダーが毎日埋まっていく爽快感は何とも言えません。

5月どうなるか分かりませんが、とにかく4月はブログ皆勤賞を目指して頑張りたいと思います。




それでは、新ブログに変わりましても、今後ともドギーズブログマガジンを宜しくお願いします。




今日のドギーズっ子紹介


のコーナーです。



今日はこれまで動画が別画面へ飛ばしていましたが、これからは大丈夫!!!

ドンっ!!!





チワワ、レッド&ホワイトの女の子、モアちゃんです!!



是非!!

posted by イナッチ at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

4/18(水) 体重について

こんばんは。


 

昨日、勝手にブログランキングのお話をしましたが、


 

経験則から言うと朝に更新できた日は結構皆さん見てくれます。


 

しかし今日みたいに、夜になってしまうと・・・・思ったより伸びず。


 

本当は朝に書きたいんですけど、出たりするので。


 

さて、今日は


 

体重について


 

です。


 

本の通り進めば、ここで肥満について触れるのですが、これについてはもう書いてるので、


 

あくまで自分が読んだってことで飛ばします。


 

それよりも、宿題の答えがココに載ってました。


 

この日の記事に書いてある宿題


 

「犬のベスト体重ってどのくらい?」ってやつです。


 

犬の体重の計り方



 

その前に犬の体重ってどうやって計るんだい?ってなわけです。


 

ドギーズでは専用(?)の、計りがあります。


 

デジタルなやつで、まずキャリーケースかなんかを置いて計ってます。


 

一般家庭にはそんなの無いので、その計り方です。


 

とっても簡単でした。(コロンブスの卵的な感じ)


 

犬を抱っこして、自分の体重を量る。


 

自分だけ乗って、引き算すれば犬の体重が分かっちゃうんですね。


 

じゃ大型犬は?


 

これは2台使います。


 

前足と後ろ足に体重計を置いて、合算すればその子の体重が分かっちゃいます。



 

犬のベスト体重って?


 

結論から。(これも簡単でした)


 

1歳〜2歳の体重がベスト体重なんですね。


 

宿題のあった記事でもありましたが、


 

このベスト体重から15%を超えるといわゆる「肥満」にあたります。


 

ただ今読んでいる本だと「15%を超えると肥満の始まり。30%を超えると肥満」と書いています。


 

やはり本によって若干の認識違いがありますね。


 

さてもし、子犬の間にご飯を与え過ぎてしまって、1歳の体重がすでに肥満体系なら?


 

ベスト体重を知ることができないままになってしまいます。


 

これは犬種によってスタンダードな体重があるので、それを参考にしましょう。
(例えば、トイプードルなら3kg〜4kg)



 

与える食事の量は?


 

次に本で紹介されているのは、食事の与える量についてでした。


 

書き方としては「目分量はNG」というだけで、その適正量は書かれてありません。


 

でもこれは何度かもうご紹介済み!!


 

そう、DERとRERです。


 

詳しくはコチラと、コチラと、コチラ


 

是非、参考にして下さいね!!


 

ちょっとづつですが、本に書いてあること以外のことも分かるようになってきた!!


 

面白くなってきましたよーーー。



 

実は明日、深田カメラマンは用事で神戸へ。


 

その後、大阪で行われているペットグッズ展示会へ。


 

そこでありったけの、ドッグフードカタログをもらってきてもらいます☆


 

楽しみ、楽しみ。


 

それでは!!



 

今日のドギーズっ子紹介


 

のコーナーです。


 

昨日も新しい子達がデビューしました☆


 

実はデビューして初めて「あっこんな子がいたんだ」と知ることが多いんです。
(子犬達はFARMにいるので)


 

で、これまた勝手に流行っているゲーム。
(自分の中で。やっぱり根暗?)


 

「この子はオスかメスかゲーム」


 

img_481939_9654707_0


 

うーーーーーーーん、この目つき、キリっとした顔、どうだい?といった感じの口元。


 

オスですな。


 

はい、正解。


 

新しくデビューした、メッカ君です。


 


 

動画はもう少々お待ちを。



 

img_481939_9654707_1



 

うーーーん、オス?(笑)
posted by イナッチ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

4/17(火) 一人ブログランキング

今日はお休みですが、会議にだけ参加させてもらいました。


 

唯一、ファームの皆さん、横浜の皆さんと会えるので。


 

ブログも遅くなってしまいましたが、皆勤賞継続中!!


 

今日も犬の健康とは全く関係ありませんが、ちょっと筆を執って(キーボードを叩いて?)みました。


 

今日は会議もそうですが、ひたすらブログの記事を移動させてました。。。。。


 

ヤフーブログから、新しいブログへ。


 

全員分をやってるので、なかなか終わりません。。。。。。


 

一人あたり70記事として、


 

70×8人+新しい2人で約600記事!??


 

今日でかなり進みました。


 

もうすぐ新しいブログになるので、もう少しお待ちください。


 

えー、それともう一つ報告を。


 

僕一人だけで盛り上がっていたのが・・・・・


 

ブログアクセスランキング



 

ドギーズのブログ全員の左側に、訪問者数の数が出ています。


 

この総数を一人で、他の人のをチェックして、ランキングしてたんです。(根暗?!!)


 

ついこの間まで、4位だったのが、ついに2位に。


 

1日2位になるも、すぐに追い越されたのですが、次の日また2位になってから、


 

突き抜けました。


 

ダントツ2位です。


 

んが。。。。。。


 

1位が遠い。


 

そして1位というのが、











 

岩本浩史!


 

強ぇっす。


 

ダントツ1位で、突き抜けてます。


 

打倒岩本ブログで。


 

とにかく新しいブログへの移動もお楽しみに!!
posted by イナッチ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

4/16(月) あげてはいけない

おはようございます。


 

皆さん好きな食べ物って何ですか?


 

僕はほとんど好き嫌いがありませんが、一つだけ絶対にダメなものがあります。


 

レバー・・・・。


 

うちの母、大抵の料理が美味いんです。


 

一人暮らししてから、母の料理が恋しくて恋しくて。


 

でも一度だけ、ありえない料理を作ってくれました。


 

レバーのクリーム煮


 

小さい頃だったので、それまでレバーというものを食べた事ありませんでした。


 

つまりレバーのクリーム煮が初レバー。


 

今でも記憶が残っているくらいですから、それはもう衝撃の味でした・・・・。


 

ま、まずい・・・・。


 

それからというもの、レバー自体が食べられなく・・・・・。


 

でも結構、小さい頃厳しかった我が家。


 

お残しは許しまへんでぇ、状態。


 

涙しながら飲み込んだのを覚えています。


 

僕にレバーをあげてはいけません。


 

そこで、今日のテーマ



 

犬にあげちゃいけないもの


 

今の本を読む前から、ネギはあげちゃいけないというのは知っていましたが、


 

その理由も知りませんでしたし、他にあげちゃいけないものがあるとは知りませんでした。


 

なので、一緒に勉強していきましょう。



 

ネギ類


 

どうしてあげちゃいけないのか、勉強になりました。


 

ネギ類に含まれる、


 

アリルプロピルジスルファイド


 

という成分がどうやらダメなんだそうです。


 

何か長くて、パピプペポやらラリルレロが多くて噛んじゃいましたよ。


 

このアリルプロピルジスルファイドが、血液中の赤血球を破壊するんですね。


 

赤血球には、酸素を運ぶ役目がありますから、急性貧血や血尿といった症状が出るんだそうです。


 

最悪、死に至る。
(マジっすか・・・・)


 

これは加熱しても無くならないので、例えばハンバーグとか、すき焼きみたいな


 

残り物をあげるのは非常に危険なんですね。


 

って、、、、、我が家すき焼きの次の日は『テリ(愛犬だった子)が喜ぶな』なんて言ってたんですが。


 

父がネギが好きだから、全部食べて無かったのかな。。。。。


 

でも本には「汁でも危ない」って書いてあるし。


 

無知って怖いです・・・・ホンマに。


 

ごめんな、テリ。



 

チョコレート


 

チョコレートやココアに含まれる


 

テオブロミン


 

っていう成分が今度は危ないようです。


 

この成分が、心臓と中枢神経を刺激。


 

大量に食べちゃうと、下痢・嘔吐・興奮・けいれん・呼吸困難のような中毒症状が出ます。


 

最悪の場合、急性心不全で死に至ります。
(マジっすか・・・・)


 

よかった、さすがにチョコレートはあげていませんでした。


 

気をつけましょう。



 

生卵


 

良い感じにたんぱく質が摂れそうで、良さそうなもんですが、ダメなんですね。


 

生卵の場合は


 

アビジン


 

という成分が厄介なんだそうです。


 

この成分が、ビタミンB群の一種「ビオチン」の吸収を妨げます。


 

するとビタミンバランスを崩してしまうんですね。


 

ただ、ネギの・・・アリ・・・・なんだっけ?


 

えーー、「アリルプロピルジスルファイド」ね。


 

これとは違って、熱によって変化するので、過熱してやれば問題無しなんですね。


 

朝ごはんに目玉焼きなんて、オシャレですね。



 

塩分


 

本にはこう書いてあります。


 

「汗腺が無くほとんど汗をかかない犬は」と。


 

いやいや、汗腺、実はあるんですねーーー。


 

だんだん犬の勉強が楽しくなってきましたよーーー!!


 

犬の汗腺、どこにあるか覚えてますか?


 

以前のコチラの記事で書きました。


 

って答えは書いてないですね。


 

答えは肉球です。


 

あっでも「汗腺が無くほとんど汗をかくことなく」ってことは本も合ってますね。


 

勘違い。


 

さて、つまりあまり汗をかかないので、塩分をあまり必要としないんですね。


 

だからあげすぎちゃうと、高血圧とか心臓疾患の原因になるわけです。


 

本には人の3分の1しか必要としないので、人間の残り物をあげていたりすると、


 

必然的に犬の食事が塩分過多になってしまうわけです。


 

こちらも気をつけましょう。



 

鶏の骨


 

これは成分がどうとか言うより、物理的な問題。


 

鶏の骨は縦に鋭く裂けます。


 

そうなると刃物のような感じに。


 

食堂とか腸管とか切っちゃいますから。


 

これもあげないでおきましょう。



 

いやぁ、ほんと知らないことだらけで・・・困ります。


 

それにしてもすき焼きの残り物とかあげてたら、ダメですね。


 

ネギは入ってるわ、塩分多いわ、最悪でした・・・・。


 

ホント、ごめんな、テリ。


 

ついでに、僕もレバーあげたら死にますm(_ _)m


 

それでは!!



 

今日のドギーズっ子紹介


 

のコーナーです。


 

img_481939_9499958_0


 

おっ?!!気づいたね?


 

そうなんです。


 

今まで、幅250ピクセル(写真の単位です)だったんですが、


 

最近400ピクセルでも大丈夫なことを発見。


 

少しでも可愛く見てもらうために(?)、写真を大きく使ってみました。


 

そんな少しの変化に気づき、目もキリリ、顔も凛とした男の子は誰かというと・・・・・


 

アミール君です。


 


 

posted by イナッチ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

4/15(日) 栄養素の働きについて

おはようございます。


 

先ほど、中学時代のバスケ部の友人と電話。


 

同じだったのは中学校だけだったけど、本当に最も色々な事を語った奴でした。


 

1年浪人だったので、少し遅れて社会人に。


 

中学の頃、


 

「俺、大人になりたくないわー」なんて言っていたのに


 

「今度、名刺交換しような。」って。


 

もう、ここまで来てしまいました。


 

んが、お互い新人!!


 

一緒に、切磋琢磨で、会社は違えど、負けないように頑張りたいと一新しました。


 

さて、さて、


 

今日は昨日の続きで


 

栄養素の働きについて


 

というテーマです。


 

特に、ビタミンとミネラルの働きです。



 

ビタミンの働き


 

昨日の


 

しょうがねぇ、ADEK。


 

元気ですかー!!水曜日は、1,2、6、Cぃーー!!


 

の2つ、覚えて頂いてますか?


 

ビタミンは大きく2つに分類されると。


 

@脂溶性ビタミンとA水溶性ビタミンでした。


 

脂溶性ビタミンに当たるのが、ビタミンA、D、E、K。


 

水溶性ビタミンに当たるのが、ビタミンB1、B2、B6、C。


 

この覚え方が、上の意味不明な言葉です。
(まだ1日しか経っていないので分かりませんが、本当に本を見ないでここまでかけました)


 

それぞれの働きってどうなってるんでしょうね?


 

見ていきましょう。


 

と、本を見るとビタミンKと、ビタミンCの記述がない・・・。


 

なので、これは宿題でm(_ _)m


 

@ビタミンA・・・目に効果。目の機能を保って、視覚機能の低下予防に役立つ。


 

AビタミンD・・・骨に効果。カルシウムとリンの代謝に関わるビタミン。
         腸管でのカルシウム吸収を促進。
         人間は日光にあたって体内形成できるが、犬はできないので成長期にはかなり重要。


 

BビタミンE・・・老化防止に効果。体の細胞が酸化するのを防ぐ、抗酸化作用あり!!


 

CビタミンB1・・・筋肉、神経系に効果。エネルギーの消費、生産両方に関わるビタミン。
         精神状態の改善、神経系、筋肉、心臓の機能を正常に保つ役割をもつ。


 

DビタミンB2、B6・・・発育促進に効果。
             皮膚や粘膜の発育に役立つB2、
             たんぱく質の代謝、アミノ酸の合成・分解を促進するB6.
             成長に大きく関わるので、成長期・妊娠期・授乳期に必要。


 

以上が、ビタミンについてでした。



 

ミネラルの働き


 

これ昨日宿題になってました・・・・。


 

ミネラルにも2つ種類があるみたいです。
(恐らく量による分類)


 

@主なミネラル
A:カルシウム
B:リン
C:カリウム
D:ナトリウム
E:マグネシウム


 

A微量ミネラル
A:鉄
B:亜鉛
C:銅
D:ヨウ素


 

合計、9個あるんですね。


 

で、この覚え方を探してるのですが・・・・・・多い。


 

えーーーーーーーー、引き続き宿題で。m(_ _)m


 

もう一つ宿題が・・・・・。
(多いな)


 

何個か本には記述されていないミネラルがあるので、それも調べておきたいと思います。



 

@−A:カルシウム
言わずもがな、誰もが知ってるやつですね。骨や歯を作る成分です。


 

@−B:リン
カルシウムと結合して骨、歯を作ります。これは知らなかった。


 

@−E:マグネシウム
体の中の酵素の働きを活性化させます。消化を促すために必要なのかもしれませんね。


 

A−1:鉄
体内酸素を運ぶ、ヘモグロビンやミオグロビンに含まれる成分。
貧血とかなると「鉄分不足」ってよく言われますもんね。


 

A−B:亜鉛
皮膚や被毛を正常に維持する働きをする。男性ホルモンの生成にも。


 

と、本はここまで。


 

他のミネラルについては調べてみます。


 

それでは!!


 

今日のドギーズっ子紹介


 

のコーナーです。


 

今日は前々回のようにウルトラクイズ形式で。(なんで?)


 

問題。


 

今日ご紹介した、ビタミンのうち、ビタミンAはどんな役割をする?


 

img_481939_9440432_0


 

どんな役割をする?!!!!


 

img_481939_9440432_1


 

・・・・えーーー、読んで下さい、ジャン君!!


 

今日ご紹介したのは、全く僕の話を聞いてくれない、フレンチブルドッグ、パイドの男の子ジャン君でした。


 


 


 

彼、ニューヨークにはいけません!!
posted by イナッチ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

4/14(土) 栄養素について(つづき)

えー、いきなりですが、アルちんママさん!!!ありがとうございまーす!!


 

オススメ本、教えてもらいました。(イェーイ)


 

この前の2冊読破次第、購入決定です。


 


 

早くあの2冊読んでしまいます。


 

今日は早速ですが、約束どおり


 

栄養素について


 

です。


 

今日は3つの要素について。


 

本を読んでいると結構詳しく書いてあるので、自分なりに整理したものを書いていきます。


 

@炭水化物


 

炭水化物は2つで構成される。


 

食物繊維+糖質=炭水化物
(犬に少量しかない消化酵素、アミラーゼで分解されるんでしたね。)


 

またたんぱく質と同様、カロリーがある。


 

A:糖質


 

確かでんぷんを分解すると、グリコーゲンとかいう糖質になりましたっけ。
(むっちゃ曖昧・・・・。気にしないで下さい。)


 

人間はこの糖分を体内で吸収する。


 

でも犬はそれほど、この糖分を必要としない。過剰摂取だと肥満へつながる。


 

B:食物繊維


 

食物繊維は消化酵素で消化されず、大腸へ直行。


 

中にある老廃物を一緒に、う○ちと出してくれる。


 

腸内の善玉菌を活性化させて、消化環境を整えてくれたり、コレステロールの吸収を防いでくれる。


 

と、これらを見ると炭水化物は必要。


 

穀物類から摂取できる炭水化物も、やはり必要なわけなんですね。なるほど。


 

次です。


 

ビタミン


 

ビタミンは各種栄養素の潤滑油。結合や分解の手助けを行う役目。


 

ビタミンは


 

脂肪に溶ける=脂溶性ビタミン


 

水に溶ける=水溶性ビタミン


 

の2つに分類される。


 

脂溶性ビタミンは、体内に蓄積できるので毎日摂取する必要はない。


 

水溶性ビタミンは、蓄積できないので摂取する必要がある。


 

脂溶性ビタミン・・・・ビタミンA、D、E、K


 

水溶性ビタミン・・・・ビタミンB1、B2、B6、C


 

【覚え方】
しょうがねぇ、アデック。(脂溶がねぇ、ADEK)


 

元気ですかぁーー?!水曜日は、1、2、6、Cィーーーー!!(意味不明)


 

でも、覚えたでしょ?(笑)


 

次っす。



 

ミネラル


 

ミネラルは、必要量は少ないけれど、体の機能を調整する大切な働きをする。


 

俗に言うミネラルとは、以下の5つ。


 

@カルシウム


 

Aリン


 

Bカリウム


 

Cナトリウム


 

Dマグネシウム


 

この他に微量ミネラルとしてあるのが


 

A:鉄


 

B:亜鉛


 

C:銅


 

D:ヨウ素


 

の4つ。


 

って、これは面白い覚え方ないっす・・・・・。


 

覚える項目が多すぎる。


 

えーーー、宿題で。(ハードル、上げちゃった?)


 

と、ビタミンとミネラルを色々紹介しましたが、どれがどんな働きをするか。


 

これをもう少し明日、詳しく見たいと思います。


 

ちょっと風邪気味・・・・。今日はゴミ箱掃除して帰ります・・・・。


 

それでは!!


 

今日のドギーズっ子紹介


 

のコーナーです。


 

img_481939_9394134_0


 

いやぁ、ホンマに風も暖ったこうなって、眠いですわ。。。。


 

となぜか関西弁キャラのロシャン君です。


 

でも本当に眠そう。


 

動画は、まだ無いっすね・・・。


 

 

posted by イナッチ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

4/13(金) 栄養素について(アルちんママさんバージョン)

朝、会社へ来てまずすることが全部で3つあります。


 

@コーヒーの用意(ちょっと遅れるとやって頂いてます。ごめんなさい)
Aメールのチェック
そして
Bブログのアクセスとコメントチェック


 

すると、今日はとても良い日でした!!


 

なんと、午前8時の段階でコメントが6件も?!!


 

1件は自分が昨日の夜に書いたもの。


 

あと5件は?!!


 

ありがとうございます!!!


 

前々回の記事、前回の記事でお世話になったアルちんママさんでした!!


 

今回も僕の知らない事ばかり・・・・・。


 

うぅ、悔しいっすm(_ _)m


 

でも、時間を見ると、約40分もコメントを書いてくださった計算に。


 

悔しい以上に、、、


 

うれしいっす!!!


 

本当に、ありがとうございました。


 

コメントを拝見しての、感想は関西弁じゃないと伝わりません。


 

ほんまに、むっちゃ勉強になりました。


 

僕のオリジナル記事(まだ本の写しのレベル!?!!)は後から書くとして、


 

ちょっとアルちんママさんのコメントを整理してみたいと思います。



 

穀物は毒?


 

昨日の記事で、


 

犬はもともと肉食。


 

だから食べ物も肉ベースのドッグフードが良い。


 

つまり穀物系のドッグフードはダメ


 

という論調で書いてしまいましたが、実はそうではない、と。(ふむふむ)


 

特に精製されていない玄米などの栄養価は犬にとっても有益。


 

しかしカロリーが高く、消化が苦手なので、穀物類だけ(肉とかとは別)で、やわらかくしてあげるのが肝要、と。



 

消化酵素が底をつかないために


 

人間も犬に消化のために、生まれながら持っている酵素の貯金を切り崩している、と。


 

だから酵素を体外から補充してあげる必要がある。


 

しかし酵素は42度で死滅するので、加熱しないと固まらないドライフードに酵素は無い。


 

したがって、野菜や果物、サプリメントで酵素を補ってあげないとダメ。
(なるほどおーーーー!!)



 

アミラーゼ


 

消化酵素の一種、アミラーゼはもともとあまり貯金がない。


 

アミラーゼは炭水化物を分解する性質がある。


 

市販のドライフードにも炭水化物が入っているし、穀物系主体のドッグフードなら炭水化物の山。


 

犬たちは一生懸命、アミラーゼ貯金を切り崩している状態。


 

したがって、サプリメントで補充してあげる。
(なるほど!!)



 

もう、これでもかってくらい分かりやすいです・・・・。


 

コメントの最後に


 

「というか…いつも長くてすみませんm(__)mちょっと黙ってますね〜〜」


 

なんて書いてありますが、ぜんぜん!!そんなことありませんよ!!


 

本当、勉強になります。


 

えーーー、非常に恐縮なのですが、、、、、何か良い本があれば教えて頂けませんか?
(アルちんママさんが読んでますように!!)


 

犬の健康という大きなテーマに臨んだのは良いものの、まだまだ各パーツパーツでしか理解できてない感じです。


 

ですから、ちょっと「犬の食事」というところにフォーカスしていこうかなぁ、、、、と。
(もちろん他にも興味があるので、他の分野も引き続き記事にしていきたいと思います。)


 

もし、何かオススメ本とかあったら教えてくださいm(_ _)m



 

・・・・って、かなり長くなってしまいました。


 

今、タイトルに付け加えました(笑)


 

(アルちんママさんバージョン)


 

昨日の続き、栄養素の


 

C炭水化物
Dビタミン
Eミネラル


 

については、ごめんなさい、明日書きたいと思います。


 

いやぁ、今日はホンマに勉強になりました。


 

ありがとうございました。


 

それでは!!


 

今日のドギーズっ子紹介


 

のコーナーです。


 

気まぐれですが、今日は「ウルトラクイズ風」に登場してもらいましょう!!


 

ニューヨークへ行きたいかぁーーー!!


 

問題。


 

今日紹介した、消化酵素の一種で、犬があまり



 

img_481939_9351338_0



 

正解!!!(ジャッジャッジャラーン。正解した時の例のソングですよー)



 

はい、今日はティスちゃんでした。


 

かなり張り切って答えたせいで、ふきだしから文字が溢れてますねぇ。


 

さて、動画は3週間ほど更新されてませんが、


 


 

posted by イナッチ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

4/12(木) 栄養素について

こんばんは。


 

って今日はかなり遅くなってしまいました・・・・。


 

昨日は予定通り、大阪へ行ってきました。


 

んが!!


 

予定では、9時に大阪にいる予定が1時間遅れの10時に大阪着・・・・。


 

まずは新生銀行へ。


 

以前、FPの勉強をしているとお伝えしました。


 

FPは個人の財政をプランニングする仕事なんですね。


 

保険や株式、投資信託、財形貯蓄、住宅ローンなどなど。


 

あらゆる金融商品を活用しながら、個人の財務を適正にプランニングしていくんです。


 

ってことで、『こりゃ自分で経験しなきゃ始まらん』ってことで、


 

投資信託を買ってみました。


 

この前は滋賀銀行で投資信託積立を、新生銀行ではインド株の投資信託の話を聞きに行きました。


 

やっぱり、結構リスキー・・・・。でも経験してナンボ!!!


 

来月の中旬に買ってみます。


 

このブログでも、全く表題とは関係ないですが、時々触れたいと思います(笑)


 

お楽しみに!!



 

さて、今日は


 

栄養素について


 

です。


 

人間も犬も基本的に必要とする栄養素は同じです。


 

@水


 

Aたんぱく質


 

B脂肪


 

C炭水化物


 

Dビタミン


 

Eミネラル


 

の6つ。


 

人間と犬で違うのは、必要とする栄養素の比率みたいですね。


 

特にAたんぱく質で言えば、犬は人間の4倍も必要なんです!!


 

今日は@〜Bについて勉強していきたいとおもいます。



 

@水


 

人間の体は水分からできている。


 

ポカリのキャッチコピーでしたっけ?


 

犬も同じで、水分が60%を占めています。


 

体内の水分10%〜15%が無くなっただけど死に至るんですね・・・・。


 

水は命の源泉です。


 

では、必要な水の量はどうなのかというと、これは季節・環境によって変わるので、


 

「これだけ必要!!」とは明確に言えないんですね。


 

当たり前ですが、夏なんかは脱水症状を起こしやすくなりますから、
(去年の夏も結構、脱水症状で死亡なんて事件ありました・・・・)


 

愛犬のためにいつでも水が飲めるように、そこらじゅうに新鮮な水を置いておいてあげましょう。


 

これは以前の記事でも書きましたよね。



 

たんぱく質


 

以前の記事で、ありがたいコメントを頂きました。


 


 

って!!今見たら、新しくコメントしてくださってました!!!!!!!


 

アルちんママさん、ごめんなさい!!今気づきました・・・・。


 

しかもむっちゃくちゃ勉強になることを書いてくださってますね・・・・。


 

本当、ありがとうございますm(_ _)m


 

このコメントを見れば一目瞭然。


 

犬はもともと肉食動物。


 

つまり動物性たんぱく質によって、肉を作り、血を作っていたわけです。


 

ドッグフードの中には原材料の多くが、穀物でできているものがあったりするわけですが、


 

それでは、植物性たんぱく質が主体になってしまって、適正な栄養素を摂取することができません。


 

結果、成長障害や貧血、あと毛づやが悪くなったりしちゃうんですね。


 

ってこれでは小手先の情報にしかなってません・・・・・。


 

アルちんママさんの、生きた情報の方が絶対に役立つので、是非コメントを読んでみて下さい。


 

しつこいですが、コチラです。



 

脂肪


 

こちらは全くの本の受け折になってしまいます。


 

難しい話が書いてあったので、簡単にご紹介を。


 

脂肪の働きは、内臓の保護・体温の維持などがあります。


 

脂肪=グリセリン+3つの脂肪酸でできたトリグリセリド で構成される。


 

脂肪は消化酵素によってグリセリンと脂肪酸に分けて利用される。


 

脂肪酸には、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)がある。→いい働き


 

また不飽和脂肪酸は→酸化しやすい→悪い働きをすることがある。→ビタミンE、βカロチンと一緒に摂取すべし。


 

当たり前ですが、脂肪は過剰摂取すると肥満の原因に。


 

というような事が書かれてありました。


 

それでは!!


 

明日は他の栄養素について、触れたいと思います。



 

今日のドギーズっ子紹介


 

のコーナーです。


 

img_481939_9285028_0


 

今日は特定の子ではなく、今週デビューした子達を紹介。


 

ちょっと見ても分かる通り、THEトイプードルって感じでしょ?


 

ちょっとだけひいき目になっちゃうんですが、一番最初に目があったのが、、、、、


 

セイラちゃん。


 

左上の女の子です。


 

何か表情で訴える感じがあります。


 

今日はセイラちゃんだけ、動画をご紹介。


 


 

ちっさいっすねーー。動画では、ちょっと怖がり屋さんな感じ。


 

へっぴり腰も可愛いです。
(まだ横浜着いたばかりだったもんね)


 

posted by イナッチ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

4/9(月) 成長ステージ別の食事について

成長ステージ別の食事について

えー、昨日から成長ステージ別の食事について触れてきました。

成長ステージは全部で6ステージ。

@哺乳期 A離乳期 B成長期 C維持期 D高齢期 E老齢期

えー、教科書見ずにかけました!!(やった)

昨日は@〜Bまでの時期の食事について勉強しました。

今日は、C〜Eについて触れたいと思います。

C維持期
この時期は、犬の人生の約半分。

もちろん骨格を形成する離乳期、成長期の食事の与え方も大切ですが、

長い期間となるこの時期の食事も、かなりポイントになってきます。

教科書には

小型犬の方が大型犬より、カロリーを必要とする。大型犬だからといって、 高カロリーの食事が必要と言うわけではありません

マジっすか?!うぅ、知らなかった・・・・・。

何だかイメージでは体が大きい方がカロリーを必要としそうですが、そうではないんですね。

そう言えば、ドッグフードにも大型犬用と小型犬用がありましたね。

この維持の食事のあげかた、サイズだけではなく環境によっても違うみたいです。

たとえば、室内犬と屋外犬の場合。

当然、運動量は室内犬の方が少ないですから、カロリー消費も少ない、と。

従って、必要エネルギーも少なくなるので、与える食事のカロリーも少なくなるわけですね。

もう一つ、避妊・虚勢手術をしたとき。

この場合、運動量の低下で肥満になる可能性がアップするんですね。

この時も、与えるカロリーは少なくしないといけません。

D高齢期

この時期でガツガツ食べても、それではカロリーオーバーになってしまいます。

なぜなら、基礎代謝の低下、老化による運動量の低下で、必要カロリーは下がるから。 (維持期に比べて、20%ほど低下するんだそうです)

それを同じペースでごはんをあげてしまうと、カロリーオーバーで肥満体になっちゃいます。

ドッグフードのシニア用というものがありますが、これは予想通りカロリーが少なくなっていました。

だいたい7歳から高齢期と書いていましたが、

「今日で7歳。だから今日からシニアフードを」

とやっちゃうと、急に食事が変わって弱った消化器系に響きます・・・。

普段食べていた維持期のごはんから、シニアフードへと少しずつシフトしていきましょう。

E老齢期

この時期は、食欲が無くなる場合があります。

それは単なる老化によるものなのか、何か他に原因があるのか探らないといけません。

と、どうやって調べれば良いんだろう?

『あれ?あんまり食べなくなっちゃった』と思っても、それが老化なのか、病気なのか

その判断基準ってどこにあるんでしょうね。

えー、宿題でm(_ _)m

カリカリご飯は、お湯でふやかしてあげましょう。

歯も弱ってますからね。あと消化も助けます。

教科書には、

無塩の鶏がらスープでふやかすと嗜好性が増す

と書いてありました。

そしてもう一つ配慮したいのが、食事の位置。

ちょっと高くしてあげると、食べやすいんです。

食事って奥深い

ドッグフードそのもの、成分、栄養素、与え方、タイミング、などなどなどなど・・・・。

食事って奥深いっすね!!

これからも勉強していきます

それでは!!

今日のドギーズっ子紹介

のコーナーです。

えーーー、昨日僕またやっちまいましたね・・・・。

この写真。

/media/img_20070409T213930625.jpg
 
名前、書かずにまた紹介しちゃいました・・・・。

ごめんなさい。

/media/img_20070409T213932390.jpg

あっ本当に??

って、小さい声で「チェッ」って言うてるし。。。。

本当にごめんなさい。

改めてご紹介!!!

名前をカーター君と言います!!

ミスターーーーーーーーカーターです!!

これからも、宜しくお願いします。
posted by イナッチ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

4/8(日) 成長ステージ別の食事について

おはようございます。


 

今日もブログ皆勤賞。


 

左バーにあるカレンダーを見て下さい。


 

1日〜8日まで、全部そろってます☆


 

さて、今日のテーマは最近のマイブーム、ドッグフードから派生して


 

成長ステージ別の食事について


 

です。


 

なんでこのテーマなのか?


 

それは昨日の記事に関連しています。


 

昨日の記事で


 

DER(一日に必要なエネルギー)を計算するのに、 成長ステージによって積算する係数が違う


 

と書きました。


 

その理由は


 

成長ステージによって、必要なエネルギー量が違うから


 

だったんですね。


 

では犬にはどんな成長ステージがあるのか?


 

それは


 

生後0日〜30日・・・哺乳期


 

生後30日〜60日・・・離乳期


 

生後60日〜1年・・・成長期


 

1歳〜7歳・・・維持期


 

7歳〜10歳・・・高齢期


 

11歳〜・・・老齢期


 

でした。


 

今日は、それぞれの成長ステージに、どのような食事の与えた方をすれば良いのか、


 

これを勉強していきたいと思います。


 

今日は


 

・哺乳期
・離乳期
・成長期


 

について勉強していきます。


 

哺乳期


 

と、意気込んで書こうとしたのですが、哺乳期はよく考えれば一般家庭には届きません。


 

ドギーズでも生後30日を過ぎたあたりから、ファームへやってくる子が多いです。
(よね?岩本トレーナー?)


 

でもこの前、ドギーズで生まれた子犬達は岩本トレーナーがお世話をしてくれました。


 

生まれたての子犬っていうのは、本当大変なんだそうです・・・。


 

そして!!またもうすぐ生まれるそう!!


 

今度は中山っちもお手伝いをするみたい。


 

哺乳期については、また岩本トレーナーから勉強したいと思います。



 

離乳期


 

この時期、DERを出そうと思うと一番係数の高いを積算していました。


 

つまり最もエネルギー(カロリー)を必要とする時期なんですね。


 

しかし、歯もまだ十分に生えていなかったり、消化力が弱かったりと、まだまだ未発達。


 

ですからポイントは


 

・高カロリー、高たんぱく
・やわらかく、消化に良いもの


 

なんですね。


 

ドギーズでも子犬のごはんは、しばらくお湯でふやかしたものをあげてます。


 

本には、


 

【補助的に母乳や市販のミルクを与えるのも良いでしょう】


 

と書いてありました。


 

そういえば、ごはんの上に缶詰から出したミルクをかけているのを見たことがありました。


 

理にかなった方法だったんですね。



 

成長期


 

僕は高校生の時、朝、授業中の早弁、昼、帰りの途中、家に帰って晩御飯と、


 

全部で1日5回の食事をとっていました・・・(食べ過ぎ)


 

生後50日〜1年は、人間でいうまさにこの時期。
(食べすぎはダメですよ!!)


 

本には、成犬の2倍のエネルギーが必要と書いてありました。


 

そしてDERを求める時の係数も、2!!


 

そういうことかぁ!!


 

この時期は、たんぱく質、エネルギーもそうですが、カルシウムやリンといったミネラルも必要なんですね。


 

この時期は、骨格の土台を形成する大切な時期。


 

良質なドッグフードを選んであげないといけませんね。



 

それでは!!



 

今日のドギーズっ子紹介


 

のコーナーです。


 

img_481939_9004349_0


 

うん、顔だけ見ると何だか「やんちゃボーイ」っぽいけど・・・・、


 

でも岩本トレーナーの動画を見てると、どうもそうでもないみたいですね。


 

どちらかと言うと、おっとり?


 

それともカメラで緊張してたのかな?


 

まだ新しい動画はアップされていないみたいですね。


 

 

posted by イナッチ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

4/7(土) ステージ別の食事について

こんばんは。


 

昨日はお休みでしたが、いつもの癖で7時ごろ起床しちゃいました。


 

でも朝早い洗濯は、気持ちいいもんですね。


 

その後、散髪へ行って、昔一緒に住んでいた友達と、車でドライブ。
(一軒家を借りて、男4人でホームシェアリングをしていたんです。)


 

行き先を決めず、とりあえず西へ。


 

気づけば、兵庫県の手前まで行ってました。


 

夜はラーメンの天下一品が運営する温泉施設


 


 

サウナに入っていたら、


 

『あれ?どこかで聞いた声だな』と思って、左を見ると!!!!


 

天下一品の社長?!!


 

関西の人しか分からないかもしれませんが、あのCMの社長がいました!!


 

ちょうどサウナ室では、金スマが放送されていて、CMで共演してるベッキーが。


 

ちょっと聞き耳を立てていると


 

「もうこの子とも契約させてもうて、長いですけど、ホンマええ子ですわ」


 

と、ベッキーを褒めてました。


 

やっぱり、社長だったんだ!!


 

そんな事よりも、昨日岩盤浴なるものを初体験!!


 

40分ほど岩盤の上で、本気寝しちゃいました・・・。


 

あれは、良いっすねーーー!!すばらしい。


 

皆さんも、滋賀へお越しの際は、是非あがりゃんせへ。



 

さて、今日は


 

ステージ別の食事について


 

です。


 

この前届いた本ですが、「DOG FOOD 食育読本」を読んでいます。


 

この前の写真で言う


 


img_481939_8963428_0

まだ前半部分しか読んでいませんが、これまで勉強してきたことがだんだんつながってきた・・・・・


 

ような気がします。


 

今日はちょっとそれを整理しながら、記事を書いていきたいと思います。



 

ドッグフードは保険に通ず、保険はドッグフードに通ず?


 

まったく関係の無い事柄が、つながって新しい発想を生む。


 

オーストリアの経済学者「シュンペーター」 はこれをイノベーションと呼びました。


 

今僕が勉強しているドッグフードと、ファイナンシャルプランナーは、まさにこれかもしれません。
(えーーー、大げさ?!)


 

どういうことか?


 

保険=ライフステージによって見直されるべきもの


 

ドッグフード=成長ステージによって見直されるべきもの


 

ドッグフードは保険に通じ、保険はドッグフードに通ず?!


 

ファイナンシャルプランナーという資格が、個人の資産・家計のプランナーなら、


 

各子犬にあった食事を提案するドッグフードプランナーがあっても良いのでは?


 

なんて。


 

でもそんな大それた事、まだまだ自分程度の知識ではできず・・・。


 

とにかく今は頭に叩き込みたいと思います。



 

DERのなぞ


 

さて、5日の記事で復習したDER。


 

DERは、


 

Dialy Energy Requirement


 

一日に必要なエネルギーのことでした。


 

これはRER(安静時に必要なエネルギー)に、成長ステージによって違う係数を積算するものでした。


 

たとえば


 

・離乳〜生後4ヶ月までなら3で積算


 

・生後4ヶ月〜成犬までなら2で積算


 

・避妊、去勢をした成犬なら1.6で積算


 

・避妊、去勢をしていない成犬なら1.8で積算


 

・減量中なら1.0で積算


 

ちょっと謎だったのですが、なんでこの係数?と。


 

しかし本を読んで理解しました。


 

よ〜く考えれば分かるんですが、単純に「必要エネルギーの大小」だったんですね。


 

離乳〜生後4ヶ月の間が一番カロリーを必要とするから、3で積算するんですね。



 

成長ステージの定義


 

3月13日の記事で、 年齢によるライフステージの呼び方をご紹介したことがありました。


 

ここで紹介するのは、成長ステージによる区分。


 

生後0日〜30日・・・哺乳期

生後30日〜60日・・・離乳期

生後60日〜1年・・・成長期

1歳〜7歳・・・維持期

7歳〜10歳・・・高齢期

11歳〜・・・老齢期


 

やっぱり10歳以降が老齢期という認識については共通のようですね。


 

DERの係数が違うのは、この成長ステージによって必要エネルギー数が違うからだったんですね。
(考えれば分かりますよね・・・・。分かりませんでした。)


 

明日以降、各成長ステージのどのような食事の与え方をすればよいのか、


 

について一緒に勉強していきましょう。


 

本当は今日書きたかったのですが、気づけば文章が長い・・・・。


 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 

それでは!!


 

今日のドギーズっ子紹介


 

のコーナーです。


 

img_481939_8963428_1


 

皆さん、携帯の壁紙何にしてますか?


 

彼女の写真?彼氏の写真?


 

奥さん、子ども、家族の写真?


 

ちょっと趣向を変えて、深田カメラマンが提供している壁紙を利用してみて下さい。


 

ちなみに僕の壁紙、今は写真の子、エンビーちゃんです。


 

それがこれ。


 


img_481905_7082800_2

あ、エンビーちゃんの紹介じゃないですね・・・・。


 


 

ご予約はコチラらかどうぞー。
posted by イナッチ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

4/6(金) 雑談

えー昨日の 記事は、今さっき書き終えました。
 
午前中に一度書いていたので、何とかカレンダーの5日に組み込まれました。
 
ブログ皆勤賞、セーフ!!!!!
 
よかった。
 
そして、今日(正式には昨日)本が届きました!!
 
img_481939_8849547_1.jpg
 
明日(正式には今日)、お休みなので、ちょっと読みたいと思います!!
 
ん??!!
 
4・5月、ごみ当番・・・・?
 
えー、新しいオフィスのごみ当番を仰せつかりました。
 
もう夜も遅いので、ごみを片付けて帰りたいと思います。
 
それでは皆様、金曜日を乗り越えれば週末!!
 
がんばっていきましょーー!!
 
あっ、昨日の記事も是非読んで下さいね。
 
target="_blank">コチラですよーー
posted by イナッチ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

4/5(木) 肥満について(食事から)

おはようございます。


今日も1日、頑張っていきましょう!


本日はいつも目の前にいる深田カメラマンがいません。


実は今日、大阪へ行っています。


たぶん、ドギーズファームのトリマーの皆



もファームにいません。


実は今日、大阪でトリミング大会(っていう名称なのかっ?!)があるんですね!!


そっちへ行っています。


明日くらいにでも、その様子がそれぞれのブログで公開されると思うので、


ぜひ、楽しみにしていて下さい。


深田カメラマン、もちろんカメラ持っていってますからー(笑)



さて、今日のテーマですが、


肥満について


です。


これは以前も触れたことがありますし、何度か出てきたテーマです。


今日は新しい指標を発見したので、それをもとに勉強していきたいと思います。



DERとRERを覚えていますか?


以前勉強した、DERRERを覚えていますか?


簡単に復習しましょう。
(僕の復習ですが・・・・)


DERは「Dialy Energy Requirement」の頭文字。


一日に必要なエネルギーって言う意味でした。


RERは「Resting Energy Requirement」の頭文字。


休息時に必要なエネルギーっていう意味でした。


これらの指標を使って、1日に必要なご飯の適正量を算出するんでしたね。


手順は


@RER(休息時に必要なエネルギー)を「70×(体重の0.75乗)」で求める。


ADER(1日に必要なエネルギー)の係数を@に積算する


BAをドッグフードの100g当たりのエネルギー量で除算し、100を積算します。


サンプルを出してみましょう!



体重10kgの成犬の1日に必要な食事量(ナチュラルチョイス)は?


@RERを算出


10kgを0.75乗します。


0.75乗とは10kgを3回かけて、√を2回します。
(前も書きましたが、意味不明です。。。。)


10×10×10=1000


1000√√=5.6234125103


となります。


分かりやすく5.6で。


5.6に70を積算すると、392となります。


この子のRERは392ということですね。


ADERを算出


成犬なので係数は2


392×2=784


となりました。


この子のDERは784なわけです。


B適正量を求める


ナチュラルチョイスのエネルギーは、100gあたり368.5kcl。


784÷368.5×100=212.7544097


となりました。


つまりこの子の1日の適正量は、約213gだということですね。



新しい指標って?


これまでは以前の復習。


新しくみつけたのはBCSという指標です。


ody


ondition


core


の略ですね。


体の状態数値ってな和訳でしょうか?


要は見た目の体系や、肋骨などが触れるかなどで判断された肥満度の事だそうです。


BCSは1〜5の5段階。


一番分かりやすい肋骨で言うと


1:やせすぎ
皮下脂肪が無く、肋骨を簡単に触れる。


2:体重不足
ごく薄い皮下脂肪を通して簡単に触れる。


3:理想体重
わずかな皮下脂肪をとおして触れる。


4:体重過剰
皮下脂肪により触ることが困難。


5:肥満
厚い皮下脂肪により触ることが困難。



肥満ってどこから?


肥満は適正体重との比較によって出されます。


適正体重の15%以上になると、それは肥満とイコール・・・。


僕で言えば、適正体重は


1.82×1.82×22=約73kg


73kg×1.15=83.95kg!!!


怖い・・・・・。


気をつけます。


犬で言えば適正が10kgなのに、11.5kgになると肥満になってしまいます。


とっ!!??


犬の適正体重ってどうやって知るんでしょ?!


えーー宿題、頂きました。


それでは!!


今日のドギーズっ子紹介


のコーナーです。


img_481939_8788170_0


まだまだ名前のとおり小さい、リトル君です!!


目ヂカラ、ありますな。


んが、ちょっと横を見ると、、、、、


img_481939_8788170_1


あらま、いと可愛らし。


posted by イナッチ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

4/4(水) 食事について

おはようございます。


 

今日は本題に入る前に、ちょっとドギーズについて、お話(宣伝?!!)をm(_ _)m


 

ドギーズというのは、トイプードル・フレンチブルドッグ・チワワの3犬種だけを取り扱うドッグショップです。


 

で、このブログは各スタッフがテーマを決めて毎日勉強のために書いているブログなんですね。


 

スタッフのブログ一覧はコチラからご覧頂けます。


 


 

今まで8人のスタッフが書いていたんですが、2人増えました!!


 


 

僕が健康の勉強をしているのと同じように、彼は交配の勉強をしています。


 

ちょっとエッチな内容の時もありますが、僕も読んで勉強したいと思います。
(えー、むしろちょっと興味があります 笑)


 

もう一人ご紹介!


 


 

田代さんは昨日、会議をするために滋賀へやってきました。


 

とても温厚な方で、初対面でしたが色々お話を聞かせてくれました。


 

昨日はドッグフード談義で盛り上がりました。


 

田代さんは、最近のペット業界について勉強されていて、その内容をブログで紹介して頂けるようです。


 

これを読めば、僕も業界通(ぎょーかつう)ってやつですね。


 

で、本題へ。



 

食事について



 

以前、僕はファイナンシャルプランナーの勉強もしていると書きました。


 

特に資産運用とか保険に興味があるので、この勉強をしています。


 

でも保険って調べれば調べるほど、色々あり過ぎて分からないですね・・・・。


 

そして、もっと色々あり過ぎて分からないのが、


 

ドッグフード


 

びっくりしますね。。。。。


 

昨日、田代さんとドッグフード談義をしていて、


 

とても勉強になりました。


 

まずは冷蔵庫を買わないとダメ?


 

家に冷蔵庫の無い僕が、「健康は食から」なんて言っても説得力が無いかもしれませんが
(昨日は天下一品のラーメン、その前は吉野家、その前はココ一番のカレー・・・・。やばいですね)


 

やっぱり犬の健康も食から!!なのかな、と。


 

で、昨日さっそく本を購入しました。


 

いっきに2冊


 


 



 


 

です。


 

ドッグフードの裏話とかも書いてあるみたいで、ちょっと楽しみです。


 

ドッグフード業界も、実は「安かろう悪かろう」なんでしょうか。


 

昨日購入したので、まだ届いていませんが、これからご紹介して行きたいと思います。



 

キムチの辛さを知るには?


 

昨日、ドギーズの会議が終わってからの田代さんとドッグフード談義。


 

まだまだ素人の僕に比べて、田代さんは経験豊富。


 

やっぱり知識の量が違いました。面白いです。


 

僕はキムチが大好きなんですが、特に辛いのが大好きです。


 

辛ーーーいのを選ぶにはどうすれは良いか?ご存知ですか。


 

スーパーで売っているキムチの成分表を見れば分かります。


 

成分表って、入っている成分の量が多い順番に書いてあるんですね。


 

だから辛いキムチを選ぼうと思ったら、成分表に唐辛子と一番に書いてあるものを選べば良いんです。


 

これはドッグフードも同じ。


 

たとえば


 

これを見てみると一番多いのはチキンであることが分かります。


 

人間の食物は知ってましたけど、犬もそうだったんですね。
(これも実は田代さんに教えてもらいましたm(_ _)m)



 

総合栄養食にもランクがある


 

ドッグフードのパッケージによく書いてある「総合栄養食」と言う文字。


 

何だか良さそうな感じがしますが、どういう意味なんでしょ?


 

意味は「総合栄養食」なのですから、とにかく色々な栄養素が入っていますよ、


 

っていうことなんでしょうが、どこから総合栄養食と呼んでいいものなのでしょうか?


 

これも今度届く本で勉強したいと思います。


 

ここでは田代さんから教えてもらった事ですが、総合栄養食にも幅があるんだそうです。


 

つまり、総合栄養食にもピンからキリまである、と。


 

この辺もグレーゾーンについても、ちょっと本を読んで勉強していきたいと思います。


 

これからの内容に乞うご期待!!


 

それでは!!



 

今日のドギーズっ子紹介


 

のコーナーです。


 

img_481939_8706386_0


 

えー、ごめんなさい、名前だけで「ほうれんそう」にしましたm(_ _)m


 

フレンチブルドッグのポパイ君です。


 

昨日、携帯の動画で撮った彼です。


 

なんと!この子!!


 

抱き上げると、口を半開きにして笑ってくれるんです!!


 

出ましたよー、「いじかわいい」!!!
(「いじかわいい」=いじめたくなるほど、かわいい)


 


 

posted by イナッチ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

4/3(火) 雑談

えー、今日はお休みなのですが、


 

『一度、左側にあるカレンダーのすべてに記事があったら気持ちいいだろうなぁ』


 

と。


 

なので、今日も記事を書いてみました(笑)
(完璧な自己満足?!)


 

今日は新しいオフィスのお目見え会と、週に1度の会議。


 

ドギーズファームから、新しい子達がオフィスにやってきました!!


 

携帯の動画で撮ってみました。


 

画質、かなり悪いんですが・・・・。


 

寝てたフレンチブルドッグの、ポパイ君です。


 

指で突いて、起こしてみました(笑)


 


 

それでは、明日も楽しんでいきましょーー!
posted by イナッチ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

4/2(月) 涙目・目やにについて

こんばんは。


 

皆さんのところでは桜咲いていますか?


 

滋賀はまだ完璧には咲いていません。


 

だいたい3分か4分咲きくらいでしょうか。


 

やっぱり滋賀は寒いみたいです(笑)


 

実家の大阪から滋賀へ帰る時、JR大阪駅で電車に乗って大津駅へ向かうわけですが、


 

明らかに大阪駅と大津駅の気温が違うんです。
(マジです)


 

母に聞いたら、「こっちはもう結構咲いてて、見ごろやで」とのこと。


 

滋賀の桜、楽しみです。


 

さて、今日は全く前座と関係ありませんが、、、、、、



 

涙目・目やにについて


 

です。


 

以前、緑内障や白内障について触れました。


 

今回は目の病気でももう少し広い意味で、勉強してみました。


 

涙目や目やにという症状から、病気の勉強をしたいと思います。


 

例えば目の病気って?


 

最も有名なのが、結膜炎でしょう。


 

僕も今日勉強する前から、名前を聞いていました。
(人間でもありますもんね)


 

まぶたの内側にホコリやゴミが入って、炎症を起こした状態のことを言うんですが、


 

犬の場合ここから、別の病気へと派生する場合があります。


 

結膜炎にかかると、目をこすったり、気にして頻繁にいじるようになります。


 

すると眼球の表面である角膜を傷つけてしまって、角膜炎と派生してしまうんですね。


 

エリザベスカラーは、これらを防ぐためにあるんですね。



 

原因はホコリ・ゴミ以外でも


 

この結膜炎になる原因に、ゴミやホコリ以外に、自身のまつ毛やまぶたが原因となる事があります。


 

まつ毛・まぶたが内側を向いていて、常に眼球を刺激した状態のことを


 

眼瞼内反症


 

といいます。


 

これとは反対に、まぶたとまつ毛が外を向いて、結膜が見えている状態のことを


 

眼瞼外反症


 

といいます。


 

眼瞼内反症はそのまま、刺激をしているから炎症を起こすのは分かります。


 

ではどうして眼瞼外反症は炎症を引き起こす原因になるのでしょう?


 

それは、常に結膜が見えている状態だから。


 

結膜が外を向いているので、常に刺激される状態と同じと言って良いでしょう。


 

こちらも眼瞼内反症と同じような状態なんですね。



 

どうやったら治る?


 

軽い症状だったら目薬とか、飲み薬で治るみたいです。


 

しかし何度も繰り返し症状が出たり、重くなると手術が必要です。


 

眼瞼内反症だったらまつ毛を抜いてしまえば何とかなるんじゃ・・・・


 

と思うんですが、まつ毛、また生えてきちゃいます。


 

まぶたも触れてしまってますから、やっぱり重度だと手術が必要になります。



 

涙目・目やにとの関係は?


 

今日のテーマはあくまで、涙目と目やに。


 

涙目・目やには、これらの病気の症状として表れているんですね。


 

なので、朝起きてきたら愛犬が凄い目やにだった、とか、


 

いつもりよ涙が多くなってない?


 

なんて思ったら、まず目を両手で見開いてみましょう。


 

まぶたの内側が真っ赤になっていたら、それは結膜炎かもしれません。


 

それと同時に眼球も見てみましょう。


 

傷がつくように濁っていたら、それは角膜炎を起こしている可能性があります。



 

まとめると?


 

・目の病気はたくさんある


 

・その中でも結膜炎と角膜炎が有名


 

・ゴミやホコリが原因となる


 

・それ以外にも自身のまつ毛・まぶたも原因に


 

・軽い症状は目薬で、重い症状は手術が必要


 

・目やにや涙は、これらの病気の症状かもしれない



 

最後にですが、生まれつき涙が多い子もいるそうで、涙が多い=病気


 

ってことも無いそうです。


 

んが、普段の愛犬の様子を確認してあげることは、やっぱり大事なんですね。


 

それでは!!



 

今日のドギーズっ子紹介


 

のコーナーです。


 

『そういえば最近チワワちゃんを紹介してない』


 

と思い、今日はチワワといえばこの子。


 

ラシアちゃんに久々登場願いましょうー!!


 

img_481939_8580748_0


 

えー、いつまでも小さいなんて思ってたらあきませんね。ホンマに。
(関西弁)


 


 

本当に立派に育ちました。


 

僕の知ってるラシアちゃんは、片手サイズとビビリ屋さん。


 

リードを付けて歩くなんて想像もできませんでしたよ。


 

posted by イナッチ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。